食品業界における清掃の大切さ

食品関連の工場で働いていた頃の話です。

この業界は衛生面等の基準が厳しいです。


当たり前ですが、人が口に入れるものを作る訳ですから、厳しい基準をクリアしたものだけが製品になり世に出回る訳です。

作るものによって多少異なるとは思いますが、食品関連は仕事の大部分を清掃に充てます。


仕事が終わった時に一回やれば済むやつとは訳が違います。

とにかくいろんな工程の一つ一つに清掃がついてまわります。

理由はもちろん衛生の観点からです。

清掃に使う道具もいわゆる「プロ用」と呼ばれるものを使います。
何しろ製品に変な細菌でも混入していたら大問題ですから、念入りに且つ素早く行います。


この業界に居ればいやでも清掃上手になります。

その過程においては、とにかく「水」をよく使います。



製品の製造工程だけでなく、清掃にもよく使います。

使用量としては清掃に使う分が多かったりする場合もある程です。

いろんなものというか、水洗い可能なものは全て水洗いします。
洗剤は市販されているものもありますが、ほとんどが専門の業者から購入した「プロ用」を使います。
こういう水や洗剤でいろいろ洗う際も、その洗い方にいろんな工夫やこだわりがあったりします。

洗っている最中に飛ぶしぶきが、製品のラインに届かないように、場所や清掃する時間を工夫します。

バーベキュー - 楽天の最新情報を公開中です。

最終的に水を流して捨てる側溝にも気配りしています。

バーベキューレンタルの情報についてご説明します。

やはり虫やカビなどが発生する恐れのある箇所は徹底的にやります。
食品業界はこういう努力が重要なのです。