食品はスーパーで買う

食品を買うには、スーパーや八百屋などを選んでいます。

もともと食べるのが好きなので、できるだけいいものを扱っている店で選んでいます。

スーパーは現在3店を利用して用途に応じて使い回しています。



加工食品やお酒が安いけれど、魚は今一つのところ、魚はおいしいけれど、加工品は高いところ、全部がそれなりにいいものを置いているが、けっこう高いところなどそれぞれ特色があり、その都度選んで行っています。



食品にこだわりを持ったらきりがありません。


そこそこの値段でそれなりにおいしい店を探しています。

特にこだわりがあるものが豆腐です。
豆腐は味も好きだし栄養もあり欠かせない食品です。

豆腐屋が残っている街に住みたいと思っていたのですが、念願かない豆腐屋が徒歩5分のところにありました。


豆腐だけは、スーパーで売られている豆腐ではおいしくありません。
何も高ければいいというわけではありません。

できたての豆腐で、いい豆といい水でていねいに作られていれば必ずおいしいのです。

できたての豆腐をその日のうちに買い、その日のうちに食べる、一つ170円程度でこのような贅沢を味わえるのは豆腐ならではです。

また料理方法もさまざまです。
もちろんそのまま食べておいしい冷奴から湯豆腐、肉や野菜などと煮るなど幅広く楽しめます。

また納豆も欠かせない食品です。


これは国産を選んで買うようにしています。

多摩川でバーベキューの情報を幅広く扱っているサイトです。

国産の大粒の納豆を食べれば豆を食べたという満足感が得られます。

納豆も選んで買わないと、ときどき失敗することがあったので、最近は同じ銘柄に決めています。

これも安いスーパーだと100円もしないのです。

地方の銘柄の納豆などもおいしいのですが、すぐ手に入るメーカーのものでも十分おいしいと思っています。

以上のように私の食生活は100円から200円までと格安の食材に支えられていますが、何も高いものを買わなくても手に入りやすい安いもので十分満足できるのです。